博多織ウェディングドレス

About —博多織ウエディングドレスについて—

伝統ある博多織をドレスの生地にできないだろうか、
ある織元が思い立ち、改良を繰りかえしながら、
軽く、柔らかく、着心地のよい、
あたらしい博多織地を生み出したのは、まだ十数年前のこと。
繊細な紋様を織り込んだ上等な(シルク100%)絹ならではの贅沢な光沢のある、
ウェディングドレスの生地としては、この上ない質感、そして美意識。
Grace-Lily(グレース リリー)は、
その、日本文化を受け継いだ、あたらしい生地たちに魅せられ、
そして、伝統を次に送る担い手として、
「白無垢のウェディングドレス」を手掛けてまいりました。
オーダーメイドで、丁寧に、丁寧に、丁寧に。
嫁ぐ日の、世界にひとつしかないドレスを
スタイリッシュにデザイン、お作りいたします。

伝統を、次の世代へ。
博多織は「21世紀Japanブランド」に指定された優れた伝統産業です。(中小企業庁選定)

Topics —お知らせ—

Y&Yご夫妻から素敵な動画が届きました

新婦は清香桜の白無垢ウエディングドレス、新郎は博多織タキシード。幸せオーラに溢れた新郎新婦です。
結婚式から披露宴、新婚旅行までご自分のウェディングドレスとタキシードで楽しまれたお二人です。

      
 

花嫁の輝くばかりの美しさに、会場からどよめきが・・・

ウェディングドレス 2007年6月、博多織のオーダーウェディングドレスを身につけて輝くばかりの美しさを見せているのは、フランス料理店のソムリエとして活躍する元ミス福岡の花嫁。光沢の中に格調高い地模様の浮き出る、高級感あふれるウェディングドレスをまとった花嫁が現れると、会場からは思わず賞賛の声が上がりました、 そして、感動のあまりお父様の目には最初から最後まで涙が消えず・・・。
長身の花嫁にふさわしく、スリムなラインに裾を長く流したゴージャスなドレスです。

 

NHKの「夕方一番星」でドレス工房Grace-Lilyが紹介されました。

2007年7月13日、NHKの「夕方一番星」で、グレースリリーのウェディングドレスのことが放映されました。リポーターの石橋雅子さんが博多織ウェディングドレスを着て、「軽い!」「体にぴったり」と着心地のよさに感動!! ウェディングドレス

 

博多織は「21世紀Japanブランド」に指定されています。

博多織は、2005年に中小企業庁が「Japan ブランド」として選定した優れた伝統産業です。博多織は光によってさまざまな輝きを見せる最上級の絹織物で、博多織ウェディングドレスは気品溢れる光沢を放つ宝石のようなドレスです。

 

Grace-LilyのYamashita Kazuhiroは、注目を集める気鋭のデザイナー

2007年1月、福岡市天神で開催された『日本の美を纏う』HAKATA-ORI Collection2007では、気鋭のデザイナー8名の中の1人として美しい博多織創作ドレスを発表。大きな反響を呼びました。 (詳しくはこちら)
山下籌皓(Yamashita Kazuhiro)は、オーダーウェディングドレスや、そのほか幅広いファッション界で活躍する、デザインと制作技術に定評のあるデザイナーです。