博多織ウェディングドレス

博多織について

博多織 博多織は、およそ760年前、博多商人満田弥三右衛門が、宋の国から織物の技術を持ち帰ったことに端を発しています。その後、改良を重ねて、独特の紋様の浮き出た厚地の絹織物として完成し、主に帯生地として用いられてきました。江戸時代には幕府への献上品として用いられたことから、「博多献上」の名で有名になりました。

そして、4年前、博多織織元の10数年にもおよぶ努力が実を結び、しなやかなウェディングドレス生地が出来上がりました。Grace-Lilyのデザイナー、山下籌皓(Yamashita Kazuhiro)は、その博多織生地を使って、気品あふれるドレスの数々を創りだしています。

美しい絵柄がシルクの光沢になかに浮かび上がる格調高いドレス ー 和と洋を融合した新しい世界が誕生しました。

ページ先頭へ

最上級のシルクの光沢があなたの肌に美しい輝きを

博多織ウェディングドレス 博多織ドレスは最上級のシルク100%素材、 いわば「天然の宝石」ともいえるもの。そして、地模様が織り出されているので、凹凸に光が屈折して、ライトや太陽の光があたるごとに、微妙に色合いが変化していきます。
博多織のウェディングドレス着ると、ドレスが反射板のような働きをして肌は美しく輝くのです。


あなたの隠れた魅力まで引き出す優れたデザイン力

デザイン画 Grace-Lilyのオーダードレスは、着る人のイメージやシチュエーションを考えて、美しいドレープやブーケを巧みに組み合わせながら、あなただけの世界を創りだしていきます。

デザイナー山下籌皓(Yamashita Kazuhito) は花や水という自然素材を使って、多彩にイメージを膨らませながらデザインします。祝福のメッセージがこめられた伝統の博多織ウェディングドレスを着ることで、あなたの美しさはひときわ際立つことでしょう。


リメイクしてカクテルドレスに変身

博多織カクテルドレス Grace-Lilyのドレスは、伝統織物の博多織を使用しているので、着物と同じように染め替えることができるのです。思い出のウェディングドレスを思い出として閉じ込めることなく、カクテルドレスにリメイクして一生着続けることができるなんて、とてもステキなことですね。
また、白生地のまま、赤ちゃんのおくるみやベビードレスに作り変えれば、お母さんからのこの上ないプレゼントになるでしょう。

伝統織物博多織だからこそできるバリエーション豊かな世界をお楽しみください。


生地にハリがあるのに、軽くて着やすい

博多織結婚式 博多織ドレスは、地模様がありハリ感もあるので、重いのでは?と心配する声も聞かれます。

でも、 ご安心ください。
博多織ウェディングドレスを着たお客様の感想は、「軽くて、体になじんでいく感じがしてとても着心地がよかった!」

ページ先頭へ